TOPICS

旅行でやってはならないこと、それは写真の撮りすぎ

旅行をやるときにやってはならないことがいくつかあります。まずは写真の撮りすぎな行為となります。この写真撮影をする際は、まずはフラッシュが光らないように基本設定をしなければなりません。何も考えずに撮影してるとフラッシュが光ってしまい、周囲に迷惑をかけることになります。だから撮影前にフラッシュが光らないようにしておかねばなりません。他は撮影日時と時刻が正しいかの時刻修正となります。これを怠ると実際の時刻が解らなくなってしまうばかりか、旅を終えた後の編集作業でその修正に手間取ることになります。

他にやってはいけないことは旅をする現地の人を許可なく勝手に撮影しないということです。こんなことをやってると現地で暮らしてる生活者を邪魔するストーカー行為そのものとなってしまいます。こんなことが続くようになると警察などがその地域周辺を警戒をさらに強化するようになってきます。さらには紛らわしい行動をしないということです。紛らわしい行為としては夜間行動となります。夜間に行動していると外国でも日本国内でも犯罪に遭いやすくなりますし、警察の職務質問に遭いかねません。だから日が暮れるころには旅は欲張らずに切り上げてホテルなど宿泊施設に戻るようにしなければなりません。

you can get excellent websites now

Copyright (C)2019海外旅行荷造りのポイント.All rights reserved.